違和感があったので Xメンテナンスに出してみた

フジフィルムXメンテナンス

みなさん、カメラはちゃんとメンテナンスしてますか?今回は、実際にメンテナンスしてみたお話です。

今回受けたのはフジフィルムXメンテナンス

さて、今回は自前のX-T3とXF14mmF2.8のメンテナンスのお話。

X-T3については、少しゴミが気になっていました。

少しセンサー面が汚れているような、曇っているようなそんな違和感を感じていました。

保証期間内ではあるのですが、修理となると非常に時間もかかるだろうな…と。

そして、XF14mmもなんとなくメンテナンスに出してあげたい気分でいたわけです。

こちら、ヤフオクで落としたもので、新品でないという不安がつきまとっていました。

もちろん、こちらは保証外。

 

そんなときに見つけたのが、こちら。

フジフィルム 点検サービス(Xメンテナンス)

なんとも、定額でセンサークリーニングと各種点検をしてくれるらしい。

【お申込み方法】

最寄りのサービスステーションへお持ち込ください。

※宅配便などでお申込みいただく場合、サービスステーションまでの往復運賃はお客様にご負担いただきます。

【お預かり期間】

当日または翌日お渡し

※お預かり点数ならびに混雑状況によっては、お時間をいただくこともございます。

※宅配便での返却をご希望の場合は、別途日数がかかります。

https://fujifilm.jp/information/articlead_0534.html

本当ならサービスステーションに行って受けたいところ。

だが、ここは岡山。

宅配便がひどく値上がりしているとはいえ、ボディで2000円、レンズ700円というのは素敵!

仕方ないので宅配便で依頼しよう!

送るのは宮城の修理センターへ

9月22日には撮影が控えているので、一日も速く帰ってきて欲しい。

思い立ったのは9月初旬。

そして、9月5日に大阪のサービスステーションに電話してみました。

フジフィルム大阪サービスステーション

点検サービス(Xメンテナンス)

申し込み
最寄りのサービスステーションへお持ち込ください。
※宅配便などでお申込みいただく場合、サービスステーションまでの往復運賃はお客様にご負担いただきます。

https://fujifilm.jp/support/digitalcamera/repairservice/servicestation/region002.html

こう書いてあります。

つまり、大阪のサービスステーションに宅配便で往復運賃を負担すれば申し込みできる…と。

そうなると、岡山から大阪なら宅配便送料も安いし、1日で到着するしお得だよねっ!

って思ったのが間違いでした

 

電話してみたところ、結論から言えば、

宮城県の修理サービスセンターに送付

ということなんだそうで…

 

え…宅配日数が1日延びるじゃん…。帰ってくる日も1日伸びるよね…きっと…。

2日もロスするじゃん…。

そもそも送料めっちゃあがるよね…

 

もう、この時点でかなり気分が萎えています。

でも、やらないと気分が悪いので発送しました。

1週間後、まさかのTEL!

そして、1週間後。

木曜日に送ったので、受付してもらえるとしたら月曜日かな…。

(ヤマトの配送で土曜日についているのは確認済み)

 

なんて思いつつ、県展を楽しんだ9月12日。

 

富士フィルムからのTELがありました。

F「今回の点検は、Xメンテナンスと、レンズはAFの精度を希望されているのでXメンテナンスプロでよいでしょうか?」

 

(゚Д゚)ハァ?

 

受付すらされていなかった…

Xメンテナンスプロは良いのよ。そうだといいなぁってちょっと思っていたから。

ちなみにXメンテナンスプロについてはこちら。

精度まで見てくれるので、気になっていたXF14mmには最適です。

 

F「これから一週間から10日ほどかかります」

 

(゚Д゚)ハァ?

(゚Д゚)ハァ?

(゚Д゚)ハァ?

 

僕「いや、ちょっと理解できないです。先週送ったのになんで受け付けてもらえてないんでしょ??」

↑もっと強い言葉でしたが、ここでは便宜上こんな感じ。

 

富士フィルムさんも配慮してくれそうでしたが、どうせ対して配慮してくれないんでしょって思ったので、「もうええですよ」と電話を終了。

 

※「最悪、会社経由で富士フィルムさんにお願いして代替機貸してもーらお」って思ったのは秘密。

 →結局お借りしていろいろ体験させて頂きました。ありがとうございます。

急展開!そこからの対応が素敵な富士フィルム!

そんなわけで13日、富士フィルムの担当さんに「機材貸してください」メールを送ると「全部手配しました!」と返信。

めっちゃ速かった。

もうこれで、自分の機材がしばらく帰ってこなくてもいいや…。

 

と思った矢先、富士フィルム(修理のほう)からTEL。

「センサーがひどく汚れていました。保証期間内なので、分解清掃いたしました。レンズはXメンテナンスプロを行いました。

 お困りとのことで急がせて頂きました。本日発送いたします。」

 

Σ(゜ロ゜;)!!

 

早くない???早すぎない???

そして帰ってきたX-T3とXF14mmF2.8

そして、翌日、無事に帰ってきました。

送料とレンズのXメンテナンスプロの料金だけでした。

フジフィルムXメンテナンス

フジフィルムXメンテナンス

Xメンテナンスプロを受けると判定はOKとのこと。

これでピントが外れるってことは確実に僕の腕が悪いってことよねぇ~。

 

ほんと、フジフィルムの最後の巻き返しには感動しました。

プリントするなら定期的にメンテナンスを!

SNSなどの媒体であればセンサーゴミはそんなに神経質になる必要はないと思います。

たかだかL版~2L版くらいの画素があれば十分ですから、そこまで分かるものではありません。

しかしながら、W四切などのプリントレベルになると、どうしてもゴミは目立ちます。

 

「ゴミは消せばいい」

たしかにそうかもしれませんが、びっしりと微細なゴミがついた空などは諧調が失われてしまうことが多々あります

また、センサーに焼きついてしまったゴミはセンサー交換など、大きな金額に発展してしまいます

 

「自分でメンテナンスすればいい」

普段からブロワーで吹くなどのメンテナンスをすることは非常に大事です。

それでもゴミはつきます。

そして、液体でぬらすタイプやペタン棒といわれる粘着タイプのものは、非常に神経を使いますし、失敗すると即!センサー交換となります。

液体タイプは一見成功したようにみえて、液体斑が残るなどしたこともあります。

ペタン棒は、ものによってはセンサーが割れることもあるようです。(最近の機種らしいです。メンテナンスの人が言ってました。)

出来ることはブロワーでセンサーを軽く吹いてあげることくらいですが、それでもやったほうが断然良いです。

 

「レンズ交換しないからセンサーにゴミはつかない!」

未だにこういう信者がいるのが信じられないですが、レンズ交換しなくてもズームの隙間などからゴミ(塵)は混入します。

むしろ、こういう方のセンサーこそ非常に汚いことが多いです。

 

「ボディ1本しかないから無理!」

それでもセンサー清掃をしないよりはした方が良いです。

いつまでもコンディションの悪いまま撮影するのは非常にもったいないです!

というか、撮影旅行中とかに壊れたらどうするの??

対策としては、

・2台目のボディを買う(サブ機としても良いですよ!)

 → もしくは配偶者など近場の人をそそのかして買っておいてもらう。緊急時に貸してもらう。

・レンタルする

 → ネットのレンタルサービスを利用するのも手です。

・メンテナンス期間は諦めて撮らない。

 → たまには休養も必要です。

 

余談ですが、会社のCanon EOS 1Dxのシャッターが不良になり、修理に出しました。

その時、「センサー部分がずれていたので調整しておきました。」と報告がありました。

たしかに、ずっと違和感があったのです。

それでも「僕が下手なんだろうな」と思っていました。

ところが、使っているうちに、「どうやってもピントが合わないカメラ」になっていたのです。

こういうのも、メンテナンスをしていれば早めに見つかります。

 

定期的なメンテナンス、本当におススメいたします。